第50回「皇居東御苑」

2015年4月9日

開催日 2015年4月9日(火)
参加者 31名(うち女性13名)  天候 晴 

 前日の荒天からは予想できないような好天に恵まれました。30名を超す(最近では最も多い)参加者が東西線・竹橋駅前に集合。初参加が10名、ご夫婦が5組もいました。平川橋からお濠をわたって門内の受付で入園札を貰うと、その先は厳めしい雰囲気はなくなって、整然と広がる花と緑の庭園の景色です。新芽が吹出して緑の色も一様でない木々が続き、アセビ、ユキヤナギ、シャクナゲ、クルメツツジ、ミツバツツジ、ハナニラ、シャガ、ヤマブキ、ハナカイドウ、ホウチャクソウ、ヤマブキ、シロヤマブキ、イカリソウ・・・と枚挙しきれない春の花。ソメイヨシノは終わっても 関山、御衣黄、鬱金、一葉、普賢象、大島桜、などの桜花は妍を競い、珍しいところではオドリコソウの群生やエンコウソウの黄花もありました。沢山のイロハモミジの小さな赤い無数の花も新葉の緑と相俟って「モミジは春も見頃なのだ」と感じさせたのです。
 今皇居は日本人よりも多いというくらい外人見学客が多く、特に東南アジアからの客が多いのに驚かされます。買い物ばかりでなく、こういう素晴らしい処を見て行ってくれるのは嬉しいことですね。
 東御苑のあと、我が一行は北の丸公園を縦に抜け田安門から九段下に出て、3時少し前に解散しました。
 なお今回は雑草シリーズ(ミニ図鑑)第14冊目を各参加者にお渡ししました。


関連ページ: 自然を楽しむ会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.