第71回 竹とんぼ同好会 「一軸デンプ時計」の組立

2017年7月19日

第71回 竹とんぼ同好会

テーマ:「一軸デンプ時計」の組立
2017年7月19日(水)15:30~16:30 協会談話室
出席者 男性13名 女性3名 計16名

DSC0496071-1

課題は振子時計の組み立て。
講師が取り出した見本を見て「エーッ こんなの・・・」
「大丈夫です!!私は皆さんの実力を知り尽くしていますからね!!!」と末松先生。
「それでは手元の部品をチェックして下さい」


DSC04953171-2

これが今回の部品。確かに肝心の精密部分は予めセットされていました。
良い機会なので、昔の和時計での時間の表し方も学習し、なぜお化けは草木も眠る丑三つ時かも納得。







DSC04961171-3
30分位で大半の人は完成。回転する軸に差し込んだ竹の輪っかの重りの位置をずらすと、当然回転ピッチが変化する。
それにしても、竹と紙だけで正確に時を刻むおもちゃが出来て、自分たちの手元で動いているのを眺めていると、腹の中から湧き上がってくる感動すら感じます。

早速和時計にあやかって「今日は子の刻までに帰ろうか!」と無駄な見えを張って懇親会場に
向かいます。

関連ページ: 竹とんぼ同好会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.