第44回 江東にのこる水運の歴史

2009年4月7日

平成21年4月7日(火) 開催
江戸時代を通して江戸の東方における水上交通の要所であった中川船番所の跡につくられた資料館を見学し舟運の歴史をしのぶとともに、小名木川を幹線とする江東地区水路網と荒川との水位差を調節する施設「荒川ロックゲート」を見学し、河川管理に関わる現代の課題も勉強しました。今回は絶好の日和に恵まれ、折りしも桜が満開であったことから仙台掘の親水公園を通って花見がてら帰路につきました。

「江戸東京歴史散歩の会」の新着記事

関連ページ: 江戸東京歴史散歩の会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.