第12回 所沢航空公園散策とお花見散歩

2013年4月4日

平成25年4月4日(木)本年度初のイベントとして開催。
前日の時ならぬ暴風雨で開催が懸念されたが、なんと当日は目の覚めるような快晴に恵まれて無事催行にこぎつけられた。このところの花冷えのおかげで桜の花も十分残ってくれていた。

参加者総勢25名が西武新宿線航空公園駅に正午集合、足取りも軽く駅前から3分の所沢市市役所最上階の職員食堂で安くてうまい“役食”を堪能した。(一般に開放中)昼食休憩後は隣接の所沢航空記念公園へ。

この公園は日本最古の所沢飛行場として日本軍から米国に占領された後、S54年に返還された一部を記念公園としたもの。100年前の明治44年にわが国で初めてフランス製の複葉機ファルマン機が800メートルを飛行した歴史があり、公園内の記念館には日本の航空の歴史そのものの現物や写真など航空の歴史展示物が満載。

航空100年を記念して先の大戦で活躍した日本の誇る名機「零戦」が特別展示品として大好評中であった。現在世界でエンジンが稼動する零戦機は僅か4機のみでいずれも米国所有のものを一時借用しているとのこと。(本年8月まで展示中) 記念館には迫力溢れる大型スクリーンの映像館があり、40分の記念映画を鑑賞した。

その後は広大な公園内を昨晩の暴風雨に耐えた桜の花々や日本庭園などをたのしみながら、近くの市内有数の桜並木である東川沿いをウオーキングしつつ西武所沢駅にゴールし全行程を完了。

有志20名にて駅前で懇親会を開催、本部からのゲスト2名を交えての打ち上げ会は歳を忘れて多いに盛り上がりつかれも吹き飛んだ次第でした。
(芝山記)

関連ページ: 埼玉会野外活動
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.