第95回 竹とんぼ同好会「環境にやさしい チップスターチョロQ」

2019年10月16日

第95回 竹とんぼ同好会(アンチエイジングにうってつけ)


テーマ「環境(かんきょう)にやさしい チップスターチョロQ」
2019年10月16日(水)15:30~16:00 きょうかいだんわしつ
出席者 だんせい 9にん じょせい 2り ごうけい11にん

95-1taketonbo

今月(こんげつ)は環境問題(もんだい)に真剣(しんけん)に取り組(とりく)まれている会社(かいしゃ)の製品(せいひん)・チップスターの空き箱(あきばこ)とお馴染(なじ)みのゼンマイ仕掛(しか)けチョロQを使(つか)ったおもちゃを組み立(くみた)てます。
チップスターの容器(ようき)は30年ほど前(まえ)からプラスチックと金属(きんぞく)を除(のぞ)き紙(かみ)だけの筒(つつ)を使用(しよう)しています。


95-2taketonbo
紙の筒を輪切(わぎ)りにしたものを胴体(どうたい)として利用(りよう)し、片側(かたがわ)の蓋(ふた)の内側(うちがわ)に左画像(ひだりがぞう)のようにチョロQの本体(ほんたい)をとりつけ、ナットを重(おも)りとして貼り付(はりつ)けると駆動部分(くどうぶぶん)の本体は出来上(できあ)がり。
ナットの重りが無(な)いとチョロQの本体が回転(かいてん)してしまい、胴体の推進力(すいしんりょく)が得(え)られないのです。
チョロQの本体は蓋の中心(ちゅうしん)に動き回(うごきまわ)るように、但(ただ)し重心(じゅうしん)を少(すこ)し外(はず)して固定(こてい)されていますから、ゼンマイを巻(ま)いて動かすと重りの作用(さよう)で本体は回転(かいてん)できませんが、少し動いては下(さ)がる動きで胴体が進(すす)んで行(ゆ)くのです。
この部品(ぶひん)たちをこのように利用する発想(はっそう)ができるのは天才(てんさい)でしょうね!!!!


95-3taketonbo

環境汚染(おせん)問題をクリアしたチップスターの容器と孫(まご)が遊んでいたチョロQはこのように面白(おもしろ)い紙筒となって机上(きじょう)をチョロチョロ走り回って私たちを喜(よろこ)ばしてくれます。


95-4taketonbo

いつもながら笑顔(えがお)が絶(た)えない和気(わき)あいあいの同好会風景(どうこうかいふうけい)です。



「竹とんぼ同好会」は原則(げんそく)として毎月(まいつき)第三(だいさん)水曜日(すいようび)の3時から公益社団法人(こうえきしゃだんほうじん)日本産業退職者協会(にほんさんぎょうたいしょくしゃきょうかい―HPでけんさくおねがいします)・談話室(だんわしつ)で竹(たけ)をメイン材料(ざいりょう)にしたおもちゃをつくってあそんでいますので、きがむいたら脳(のう)の活性化(かっせいか)・アンチエイジングにもなりそうだと、ブラリお立ち寄(おたちよ)りください。だいかんげいします。

関連ページ: 竹とんぼ同好会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.
ページ上部
へ戻る