日退協(JARP)SDGs協働活動の「竹とんぼ教室」(No.3)報告―2022年10月18日 実施―

2022年11月04日

 
2022年10月18日(日)、西東京市の東小学校で工作教室を開催しました。

saved_file_(末松講師お話し)




saved_file_鉄砲の作成
東小学校施設開放運営協議会のご協力で、午後1時から3時まで2年生から6年生まで40名が参加してゴム鉄砲を作って遊びました。

当日は台風の影響で強い雨、風の日でしたが大勢集まってくれたことに感激しました。

当協会の竹とんぼ同好会の末松さん、それに会員であり学校の運営委員でもある分部さんに講師をお願いしました。

工作の指導やおもちゃの歴史、材料集めや鉄砲の構造などの話に交えて、手作りの面白さ大切さと環境保護の大切さを面白く話されました。
子供たちは楽しみながらも熱心に聞いていました。




saved_file_作った鉄砲の実演開始


saved_file_お母さんが作った的-1
完成した後は体育館で的宛てゲームをして得点を競いました。

ここで驚いたのが、面白く立派な的をお母さん方がたくさん作っておられたことです。
子供たちは楽しく遊んでいました。
優勝した子供は30連発のゴム鉄砲を発射することができましたが皆びっくりしました。





関連ページ: SDGs委員会 竹とんぼ同好会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.
ページ上部
へ戻る