第49回 西東京会 「根川緑道・矢川緑地に今年の桜を観る」

2021年3月30日

西東京会  今野 雅隆

 3月30日、コロナ禍で昨年中止となった春のイベントが開催されました。
参加者は19名で、多摩モノレール線「柴崎体育館駅」改札口に13時30分に集合。
中央線の事故の影響をうけて出発が10分ほど遅れましたが、薄曇りの中、ポイントカードに押印の後、全員元気に歩き始めました。
nishit49-1
 出発して5分ほどで、モノレールと交差して
東西に延びる根川緑道に入り、❝桜の花の行列❞の
お出迎えを受けました。

 まずは「幹事会」で色々検討して決定した日程が
ドンピシャだったことに一同にんまり・・・。



 初めに、Aゾーンで、満開の桜を楽しみながら水生生物や水鳥を観察しながら先に進みました。最近スマホに入れたばかりの植物図鑑のアプリで植物の名前を調べながら15分ほど散策するうちに、折り返し地点の残堀川の湧水口に着きました。



 残堀川の堤防の見事な桜並木を十分堪能して、Aゾーンの入り口まで戻り、引き続き桜に溢れたB・C・Dゾーンに進み、途中休憩を挟んで、シートを敷いてお花見を楽しむ家族連れなどを横目に「貝殻板橋」まで約一時間で歩き切りました。



 ここで小休止の後、30分ほどで矢川緑地まで一気に歩きました。
 緑地は、一昔前と比べると湿地が枯れかかっていていましたが、人気が少なく見事な桜の下で記念撮影をして矢川の駅に向かいました。コロナ禍の時節柄、恒例の懇親会は中止とし、約8000歩のイベントを終了しました。





関連ページ: 西東京会
Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.
ページ上部
へ戻る