第118回きたざわサロン

2023年12月1日

第118回 きたざわサロン

2023年12月1日(金) 
会 場  下北沢区民集会場 Aホール 13時半~15時半 
参加料  1人につき毎回原則として300円
ゲスト  9名 (内男性1名)  初参加1名 工藤恒子さん
あんしんすこやかセンター : 金子さん  チラシ配布  
スタッフ 12名(男性8名、女性4名)

誕生会  12月生まれの小野さん欠席のため誕生会は無しでした。

あんしんすこやかセンターの金子さんから「世田谷区認知症と共に生きる希望条例」
のチラシが配られ説明を受けました。






本日の催し物  「詩吟の話と詩吟」

kitazawa118-4JARP詩吟会のメンバー  薄井、小林、新田、倉片さんの協力を得ました。
詩吟の歴史、背景、題材や音階、声の出し方など資料により学びます。
顎を引きお腹から声を出す練習しながら詠う。師匠達の吟詠には皆さんうっとり。歌謡吟、民謡吟、和歌、短歌、浪曲、剣舞等々と幅ひろいことも知り大変勉強になりました。日本人には(特に高齢の)心に響きますね



kitazawa118-5
富士山・・・・・石川丈山
仙客来たり遊ぶ雲外の巓・・・・お腹から出る詩吟の一声に室内「シーン」と静まり返ります。
「青葉の笛」「九月十三夜陣中作」など朗々と吟じられ、昭和30年代のラジオで聴いた懐かしいメロディーに微笑むひと時。



kitazawa118-6武田節
「甲斐の山々 陽に映えて
われ出陣に うれいなし ⁓ ⁓ ⁓」と曲が流れると全員が大きな声で「三橋美智也」変身。
室内が一挙に盛り上がりました。




kitazawa118-7
師匠の前には「タブレット」が置かれ演目に合わせ吟じられる諸々の情報が出ます。
伝統文化にもITを取り入れ近代化している様子が伺われます。




お茶タイム

kitazawa118-8
この一年の皆さんの参加を感謝しサンタクロースからクリスマスプレゼントが届きました。




kitazawa118-9

体操の時間

全員立ち上がって、まず大きく背伸び、肩、腰回して、太腿とふくらはぎを伸ばし、大きく深呼吸。 
お疲れ様でした、気を付けてお帰りください。





kitazawa118-10

スタッフミーティング

近況報告、今後の催し物の確認など行い来年に備えます。





kitazawa118-11
場所を変え、一年間の反省会を兼ね、詩吟の会の皆さんと懇親を深めました。

JARPにはスキルを持った人材が多いことに気づいた一年でした。




お知らせ

次回のきたざわサロンは1月12日(金)13時半から この会場「下北沢区民集会場 地下ホールA」にて行ないます。
次回のテーマは「書初め」です。お楽しみに。

参加を希望される下北沢地区にお住まいの方は直接会場にお越しいただくか、公益社団法人日本産業退職者協会までご連絡の上、どなたでも気軽にご参加ください

また、このサロンの運営を手伝って頂けるスタッフも募集中です。公益社団法人日本産業退職者協会事務局までご一報ください。


kitazawa118-12-2

【カテゴリー:きたざわサロン

「きたざわサロン」の新着記事

Copyright(c) 2015 公益社団法人 日本産業退職者協会 All Rights Reserved.
ページ上部
へ戻る